HIDEBOH(タップダンサー)の経歴やオネエ疑惑って?【カラオケバトル】

今回は北野武監督の映画「座頭市」で

タップダンスの振付演出をして

注目を浴びたタップダンサーの

HIDEBOH(ひでぼう)さん

について調べてみたいと思います。

タップダンスって出来たらカッコいいし

一度やってみたいとは思いますが

なかなかやる機会ってないですよね。

HIDEBOHさんはどんなきっかけで

始められたのでしょうか?

そしてオネエ疑惑とは?

<目次>

  • HIDEBOH プロフィール・経歴
  • HIDEBOH タップダンス
  • HIDEBOUはオネエなの?
  • まとめ

スポンサードリンク

HIDEBOH プロフィール・経歴

火口秀幸(ひぐち ひでゆき)

生年月日:1967年10月7日

出身:東京都世田谷区

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

芸名のHIDEBOHは小さい頃の呼び名「秀坊」より。

HIDEBOHこと火口秀幸さんがタップダンスを

始めたきっかけは父の火口親幸さんが

タップダンサーでありその影響で

1974年からタップダンスを始めます。

1984年にはインストラクターとして

タップダンスの指導にあたりました。

その後本格的に修行に入り、アメリカと日本を

行き来きしタップを極めていきます。

修行時代にはパパイヤ鈴木芋洗坂係長などと

六本木のショー倶楽部で出会ったそうです。

他にもTRFのSAMと出会い、タップ以外のストリート系ダンスを

習ったりしていたんだとか。

当時フジテレビのダンス番組にもSAMと共に出演。

アメリカではブロードウェイの著名振付師である

ヘンリールタンを紹介してもらい師事します。

1990年、DJ KOOのグループ「The JG’s」に参加し

ラップとタップダンスのパフォーマーとして活動。

この頃には振付師としてジャニーズ系のアーティストなど

数多く手がけるようになりました。

出てくる名前が有名すぎる方ばかりですね。

あまりメディアへの露出は少なかったかもですが

業界では有名人なんですね。

1998年に「Funk a Step」という新しい

タップパフォーマンス形態を提唱して

「THE STRiPES」を結成します

一躍注目を浴びたのは2003年、北野武監督

座頭市」での振付、出演をしたことですね。

2009年新グループ「LiBLAZE」を結成

2015年、コレオグラファー(振付師)のダンスコンテスト

『Legend Tokyo Chapter.5』にて

  • 「準優秀作品賞」
  • 「オーディエンス賞」
  • 「審査員賞(ダンス文化普及・発展の視点)」
  • 「審査員賞(総合プロデューサーの視点)」

の4部門で受賞されていて

ダンス界にはなくてはならない人となっています。

スポンサードリンク

HIDEBOH タップダンス

ではHIDEBOHさんのタップダンスの

妙技をチェックしてみたいと思います。

ユーチューブにもいくつか動画がアップされていますね。

当たり前ですがすばらしいタップダンスですね。

タップダンスのカタカタカタカタカタ・・・

てどうやってるんでしょうか^^;

なんか野性的というか大地の音というか

心揺さぶられるダンスだと感じました。

スポンサードリンク

HIDEBOUはオネエなの?

さてHIDEBOOHさんを調べていると

オネエ?というワードも出てきます。

めちゃくちゃカッコいいタップダンサーだと

思いますがどうしてオネエのワードが

出るのでしょう?

上の動画のダンスレッスンの映像での

衣装とかちょっと・・・って感じですが

ほかにもオネエを臭わせる発言を

していたり若い男性と飲みにいっていたりと

噂がたっているようですね。

ダンススタジオの写真をチェックしてみると・・・

出典:http://higuchi-ds.com

う~ん疑惑の元はコレ?

しかしオネエではないようですよ。

ファッションとしてピンクがお好きなのかな?

HIEBOHさんはご結婚されていて

子供さんもいらっしゃいます。

オネエ疑惑にはちょっと

困惑されているようですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回はタップダンサーのHIDEBOH(ひでぼう)

こと火口秀幸さんについて調べました。

タップダンスを極めてその魅力を広める

活動をされているようですね。

タップダンスカッコいいですね~

ちなみにHIDEBOHさん1月17日放送の

カラオケバトルSPにも出演し

歌声も披露するそうですよ!

これは必見ですね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。